水子貝塚公園・資料館

住所 富士見市水子2003-1
電話番号 049-251-9686
URL https://www.city.fujimi.saitama.jp/30shisetsu/10mizuko/
営業時間 【公園】
営業時間: 午前9時~午後6時(4月~9月)
午前9時~午後5時
(10月~3月)
休日:なし
【資料館】
営業時間: 午前9時~午後5時
休日:月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土曜・日曜、祝日の場合は開館)、年末年始

この場所をGoogleで検索

概要

水子貝塚は縄文時代前期(今から約6000~5500年前)のムラで、約60ヶ所の地点貝塚が直径約160mの環状に分布しています。昭和44年(1969)には国史跡に指定され、遺跡の保存と史跡公園化が図られ、平成6年(1994)6月に開園しました。当公園は「手づくり郷土賞」の受賞、「日本の歴史公園100選」にも選ばれています。公園内には「資料館」「展示館」があり、「おもしろミューズランド」、「体験!いつでもセブン」などの縄文時代を体験することが出来ます。また土・日・祝日には市民学芸員の皆様がボランティア・ガイドをしています。

料金

無料

駐車場

あり

【バスでお越しの場合】

市内循環バス

みずほ台駅線 みずほ台駅東口から富士見市役所行き(約5分)、『水子貝塚公園』下車

市内循環バス(ふれあい号)の時刻表は、こちらからご覧ください。

東武バス

東武東上線志木駅東口から下南畑・ららぽーと富士見(約15分)行き、『貝塚公園入口』下車徒歩2分

東武バスの時刻表は、こちらからご確認ください。(東武バスのホームページにリンクします)

トイレ

あり
最新情報!
  • XE1F9156-3.jpg

    第22回 水子貝塚星空シアター2017

    夏のイベントとして恒例となった、水子貝塚星空シアターが今年も開催されます。

    水子貝塚星空シアターは、国指定史跡・水子貝塚がある公園内の芝生広場で行われる『野外上映会』です。

    夕方の暗くなり始めた中、屋外での星空シアターが始まります。今年はユニバーサル・スタジオ製作の「SING(シング)」を上映します。上映開始は午後6時30分、終了は8時15分の予定となっており、料金は無料です。

    映画上映前のステージイベント(午後3時から午後4時50分)では、「富士見太鼓の会」による迫力のある演奏、「プアヒナノ フラマリエ/ヒナノオリ タヒチ」のみなさんによるフラダンスの披露、そして地元ミュージカルスクール出身の実力派ユニット「こけぴよ」のミニライブもあります。

    午後3時から午後5時までは「縄文体験コーナー」として、
    やりなげ体験、火起こし体験、まが玉づくり体験、つると麻紐の壁飾りづくりなどが体験できます。

    また、安くておいしいと評判の模擬店も多数、出店していますので、ぜひ「水子貝塚星空シアター」にお出かけください!

    日時:平成29年9月2日 午後3時から午後8時15分まで
               (映画は午後6時30分から)

    場所:水子貝塚公園


    駐車場は水谷小学校にありますが、数に限りがあるためなるべく車でのご来場はお控えください。
    またペットを連れての入場はご遠慮ください。


    ○ 主催 水子貝塚星空シアター実行委員会・水子貝塚資料館 
    ○ 協力 富士見市消防団第7分団・第8分団・水谷公民館


    ラベル

口コミ

  • 0 B_%E6%98%9F%E7%A9%BA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%B3%91%E3%82%8F%E3%81%84.JPG

    星空シアターの賑わい

     今日は台風15号の影響も少なく、午後から良い天気。星空シアターに出かける。 地元密着の活動グループが多数の模擬店を出していて、大層賑やかなお祭りとなっていた。
     その様子を口コミにしたく、地元の園児の神輿と星空シアターの賑わいを写した。また地元ミュージカル出身の「こけぴよ」も応援したく窓枠とする。
     やはり祭は楽しい。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 A_%E5%9C%9F%E5%99%A8%E7%84%BC%E6%88%90.JPG

    「土器の野焼き実施中」の看板あり!

     昨日、水子貝塚公園にいったら、「土器の野焼き実施中」の看板があり、ついつい野焼きの、ほぼ全工程を見てしまった。
     小学生のみんなが「夏の縄文土器づくり」で作成した土器や埼玉大学の皆様の土器、さらに星空シアター向けに市民学芸員の皆様が作成した土鈴、板状土偶などが並んでいた。
     野焼き直前の土器と野焼き後の土器、どちらも色合いが美しく、かつ、その変化も面白い。小学生とは思えない作品もあってビックリもした。
     また、焼成中に「縄文スープ」も御馳走になり、感謝感激!
     このよな場所提供ができてる当市・当資料館は珍しい。あらゆる世代の人が気楽に体験してみることを進めたい気持ちになった。散策人もいつか体験したい。
     それにしても、蒸し暑い中、700℃近くの火作業の土器の野焼き、かなりキツイ作業と見た。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 _%E5%BE%A9%E5%85%83%E4%BD%8F%E5%B1%85%E4%BF%AE%E7%90%86%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A.JPG

    2/18(土)復元住居修理見学会に参加した

     寒空のなか、主催者の話によると90人程(小人55人、大人25人)の参加であったという。
     水子貝塚公園には5棟の竪穴住居があり、今年は4棟目の復元住居修理(毎年1棟)で、床面積は18㎡の一番小さな住居とのこと。
     4本柱(クリ材)、茅葺は山茅(ススキ)。丁度、職人さんが茅葺をしている時の見学会。専門家から木組み、茅葺について説明があり、そのあとのQ&Aで小学生から、いくらかかるの?という質問。主催者が苦笑いしながら回答していた。J:COMの撮影もあり、大いに盛り上がり、その名のとおりの、「縄文ふれあい広場」であった。
    ※写真 右下:JCOMのカメラ前で山茅の束に触れている

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %E7%B8%84%E6%96%87%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3.JPG

    新春縄文マラソン大会を見て、脈々とつながっている歴史を感じる。

     水子貝塚で、平成29年1月9日(祝)小雨降る中、第47回富士見市「新春縄文マラソン大会」(主催:富士見市体育協会)が行われていた。種目は、一般10km、5km; 中学5km; 小学4~6年1.6km; 親子1km。更に、当大会ならではの種目として小学4年以下に縄文5種競技(ヤリ投げ・弓矢・火おこし・宝さがし・丸太ひき)あり。
     第47回という回数に歴史を感じたので調べて見た。第1回は昭和44年(1969)「ロード・レース」として開催され、その後「富士見ロード・レース大会」⇒「新春縄文マラソン大会」と名称がかわって、今年が第47回(2回ほど開催されていない年があるようだ?)。
     昭和31年(1956)富士見村誕生⇒第1回大会の昭和44年は水子貝塚が国指定となる⇒昭和47年(1972)富士見市誕生という歴史のなかで、「新春縄文マラソン」は着実に市民に親しまれている。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %E7%B8%84%E6%96%87%E6%B5%B7%E9%80%B2.JPG

    散策中に「縄文海進」の旗を見て、今年もゲット

     口コミのスポット地として「水子貝塚公園」としたのは、純米吟醸酒の名前と図柄による。
     ご存知の通り
    「縄文海進」のころ、埼玉にも海があり、富士見市の台地側は最高(?)の居住地域であった。その証としての水子貝塚は国指定となり遺跡保全がなされている。貴重な公園だ。
     図柄の「獣面把手付土器」は、「羽沢遺跡出土縄文土器」(県の有形文化財)で水子貝塚資料館に展示され、愛称「ムササビ土器」として親しまれている。また、これをキャラクター化した「ムサビー」図案もある
    「縄文海進」の「やや辛口」に酔って、一言
     富士見市ってどんなところ?
    これに答えられない方はまず、水子貝塚公園、難波田城公園を訪ねるべし。たくさんのネタが見つかるはず。そして富士見市について語ってください。
    ※水子貝塚では「縄文海進」は販売していない。
    ※当アプリでも案内しているが、写真は富士見市ホームページを切抜いた。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 100.JPG

    水子貝塚でミニ駅伝が行われていました

     2016/12/11(日)富士見市陸上競技協会(富士見市体育協会に所属)の主催だそうです。1週582mの園内周回コースを1チーム4人の駅伝で、小学生を中心に行っている活動とのこと。
     ヒートアップした応援のお母さんを見て嬉しくもありました。大いに盛り上がっています。 この年代では2020年の東京オリンピックの出場は無理としても、その次のオリンピックには主役で活躍してもらいたいものです。
     それにしても水子貝塚公園・資料館の主催ではなくても、このような公園の活用が出来るのはオープンな富士見市を感じる。縄文人も喜んでいるに違いない。

    続きを表示する
    ラベル