あっちこっち散策人 さんのホーム

最新口コミ

  • カワウが翼を広げていました / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     今日、新河岸川を散策していたら、カワウが翼を広げて乾かして(?)いました。きっと魚を獲って水に濡れたのでしょう。このような優雅な姿を見るのは初めてだったので投稿しました。

    2019/11/17 20:24:21  拍手(0)

  • 最近、市の鳥「カワセミ」を新河岸川で見かけます。 / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     いままでは、富士見江川で「カワセミ」と遇うことが多かったのですが、最近は新河岸川で見かけます。静止してい姿と羽を広げた動き(ちょっとボケていますが)の写真を投稿します。

    2019/11/04 18:05:01  拍手(0)

  • この街路樹、どこかわかりますか?  / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     都会の街路樹風に見えますね。紅葉が始まった場所はどこでしょう? そうです、「キラリ☆ふじみ」側の街路樹です。文化とショッピングを楽しむ散策の季節となりました。

    2019/10/27 18:16:47  拍手(0)

  • コスモスまつりの9/29に散歩しました / コスモス街道

     コスモスがしっかりと歓迎してくれました。  やはりチョットした散歩で、桜の春の情感、秋桜(コスモス)の秋の情感に触れると満ち足りたような気がします。  丁度旬ですのでもう少し見頃が続くと思います。

    2019/09/29 20:34:31  拍手(0)

  • ふじみの坂・・・堂 坂 / 山室地蔵堂

     昔は村名、字名は一部の居住する地域に限られていたため、名のない地域の目印として坂名や塚名があったと考えられます。坂名のある坂付近には神社・仏閣・石仏・湧水などが多いですが、その坂も現在では道路の改修等により、曲つていた坂が直線的になったり、急坂がなだらかになったりして命名された時代の坂とは異なってきているものの、散策していると富士見の歴史を感じ取ることができます。 【堂 坂】  武蔵野台地が一挙に諏訪(折戸)、山室の水田地帯に移行する崖に作られた急峻の坂であった。坂の狭い両壁がビルの谷間のようで、富士見市で最も急坂で知られていた。この坂の崖の上にお堂(山室地蔵堂)があったことで堂坂と呼ばれるようになった。堂坂の上にたてば眼下に北より勝瀬、山室、折戸、宿の広大な緑の穀倉地帯の水田が一望できたという。  昭和48年(1973)の市役所移転以前の堂坂は、南畑方面からの農家の人たち専用の農道にすぎなかった。今は市役所、キラリ、ららぽーとに通じる坂である。 ※坂名の説明は、ふるさと探訪部会の「ふじみの坂」冊子を参照した。

    2019/09/26 20:30:47  拍手(0)