あっちこっち散策人 さんのホーム

最新口コミ

  • 富士見市伝統の逸品「座敷ぼうき」。ただいま伝承中! / 難波田城公園・資料館

     ふじみ広報2月号(No941)で大々的に紹介された「座敷ぼうき」・・・ 昭和30年代、「鶴瀬村のほうき草は日本一」と言われ、「ほうき産業」は地域の文化となっていましたが、時代の流れで、市内の職人さんはいなくなった。そこで「難波田城いきものがたり」の皆さんが「富士見市が誇る座敷ぼうき作りの技能と文化を後世に伝えていきたい」との想いで立ち上がりました。その成果がちょっ蔵(難波田公園内)、市役所で販売されている。・・・  現代の生活にあった商品開発(例えばパソコンのキーボード掃除など)ということで、ミニ箒作成で伝承中のようです。ちょっ蔵では写真のような大きさで300円、500円、800円のミニ箒が並んでいました。  「箒は縁起物」だった記憶があったのでインターネットで調べてみました・・・ ◇矢乃波波木神(やのははきのかみ)・・・箒に宿る神様で家を守ってくれる神様。「はき、清める」ほうきの神様は魔を払い、招福のご利益も高いとして古くから慕われている。 ◇ははき(ほうき)という響きから「母木=母体」と考えられ安産祈願としても伝わっている縁起物。・・・  そうです、「箒は縁起がいい!」のです。

    2019/03/17 18:00:47  拍手(0)

  • 春を告げる河津桜、今年はメジロが愛でていた! / 山崎公園

     毎年、「啓蟄」頃になると、梅と河津桜を見に山崎公園を散歩する。 今年はタイミングが良く、メジロの集団が河津桜の木々を順々に飛来していた。そのメジロの遊びの邪魔をするヒヨドリがいたりして、大層賑やかで、面白い花見ができた。  今朝3/8(金)の毎日新聞・埼玉版に「山崎公園の河津桜が見ごろ」と写真入りで富士見市が紹介されていた。地元の観光スポットが記事になると嬉しい。それに負けじと口コミをした。  写真は富士見江川の土手から、河津桜に止まるメジロを撮った一枚。

    2019/03/08 21:04:33  拍手(0)

  • 富士見市の「埼玉ゆかりの偉人」をご存知ですか? / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     埼玉県HP「埼玉ゆかりの偉人」で富士見市を検索すると、「渋谷定輔」と表示される。 渋谷定輔氏をご存知ですか?  小さいころから農業労働にあけくれ南畑小作争議にも加わった。その後、本格的な農民運動を始めるが、厳しい農作業の日々を送りながら、詩をつくり、日記を書いた。そして農民の生活を記録した「農民哀史」を著す。これは「女工哀史」の細井和喜蔵氏との約束でもあったようです。 ◆鶴瀬コミュニケーションセンターホールのロビーに、画家・阿伊染徳美氏の寄贈の油絵<この風の音を聞かないか>が展示されています。 この大きな絵は、渋谷定輔・黎子夫妻、ポーランドの女性社会運動家ローザ・ルクセンブルク氏、わらぼっちのある風景で構成され、渋谷氏夫婦に敬意を表わしたものとなっています。 ◆中央図書館には「渋谷定輔文庫」コーナーがあります。ここでより詳しく知ることができます。 ※ロビーで写真を撮ったのですが、油絵はガラスで覆われているため、電灯や外の明りを反射して見づらいものになってしまいました。申し訳ないです、現場で見て下さい。

    2019/03/03 18:27:42  拍手(0)

  • 前回に続いて、新河岸川でバード・ウォッチング / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     冬の間は草木の葉が落ちているので、日頃見慣れない鳥の姿を見ることが出来る。川べりを散歩しながらでもバード・ウォッチングが楽しめる。  前回に続いて口コミしたのは、初めてハヤブサとホオジロを撮ることが出来た歓びからです。  写真は2/7(木)新河岸川散歩中のものです。ハヤブサについては私には♂♀の判別ができないですが、四角枠(上)ジョウビタキ♂、四角枠(下)ホオジロ♂です。鳥の♂は大変に美しいです。

    2019/02/10 17:31:02  拍手(0)

  • 富士見江川・新河岸川でバード・ウォッチング。いろいろな鳥がいます。 / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     冬日和(ふゆびより・・・穏やかに晴れた冬の日)には、鳥たちも活動的になるようで、日頃見慣れない鳥にも遇えて楽しい。川べりを散歩しながらバード・ウォッチングなどは、いかがでしょうか。  写真上はカワセミ(富士見江川で)、写真下はカワヒラとスズメのコラボ(新河岸川で)

    2019/02/03 17:04:16  拍手(0)