あっちこっち散策人 さんのホーム

最新口コミ

  • このすばらしい田園風景が自慢です / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     散策人の好きな「水田風景の季節」が今年も到来しました。  2日前の写真ですが、水が貯えられ、田植えが終わった田んぼ、あじさい街道のあじさいの向こうには「さいたま」のビル群、またあぜ道にはカラーの花が咲いたり、もう少しすると花菖蒲とコラボになります・・・いろいろなアングルで楽しんでいます。  麦田・水田のコラボもあり、日々景色が変わります。とくに夕日のときは別世界となります。

    2019/05/18 20:44:05  拍手(0)

  • 路傍の草木<(ニセ)アカシアの大木に花が咲いています> / 勝瀬橋

     「川越方面」から「ららぽーと富士見」に向う川越バイパスに勝瀬橋が架かっている。その左側に大木のニセアカシアがある。左側の土手は蛇島調節池で、その道路沿いにも数本ある。  西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」はニセアカシア? 調べると、ニセアカシアは北米原産で日本には明治期に渡来。当初アカシアと呼んでいたが、後に本来のアカシアが入ると、区別するためにニセアカシアと呼ぶようになったそうだ。  札幌のアカシア並木、いろいろな歌や小説に書かれている「アカシア」も、ニセアカシアになる。だが「アカシア」でとおそう。  写真は5/9(木)で満開やや過ぎの感だったので、今日は花の旬は過ぎたかもしれない。

    2019/05/11 20:29:13  拍手(0)

  • 日本の家庭の風習 「こいのぼり」 / 「あなたのふじみ☆スポット」教えてください

     今日は端午の節句。  「こいのぼり」は日本の風習で、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で吹流しの鯉を模して作った「のぼり」。  昨今は住環境などにより家庭での「こいのぼり」を見なくなり、その反面(?)、大量の「こいのぼり」を設置して観光化となってしまったようです。  今日は立派な「こいのぼり」に出合いました。 「矢車」、「吹き流し」、「お父さん鯉(黒)」、「お母さん鯉(赤)」、「子どもの鯉(青、緑、ピンク)」。  市域には良き風習が残っているようで、うれしくて写真を撮らせていただきました。

    2019/05/05 21:37:06  拍手(0)

  • 「新本堂お披露目会」が催されていた / 護国寺

     今日(4/28)の午後、散策していたら、鳴り物が聞こえ護国寺が賑やかだった。  話によると、「新本堂お披露目会」の最中とのこと。催しは建設委員会が檀家さんに落成式の前に「新本堂を披露」するという会で、「慶賀法要」のあと、江戸太神楽曲芸・三味線弾き唄い・落語などの「アトラクション」があるとのことでした。  また近々に落成式があるとも聞きました。

    2019/04/28 18:22:32  拍手(0)

  • 路傍の草木<カラタネオガタマがバナナのような甘い芳香を放ってます> / ららぽーと富士見

     北原幼稚園側の「ららぽーと公園」の入り口に2本あります。1本は芳香真っ盛り、もう1本は蕾が硬いので、もう少し時間が必要のようです。  カラタネオガタマ(唐種招霊)は、モクレン科の常緑樹で、花は小さくあまり目立たなく、また花弁が全開せず、控えめに咲くのが特徴。花の寿命は短く1~2日ですが、次から次へ開花するので10日前後は楽しめるようです。  オガタマは「招霊(オキタマ)」が転訛したもので、かつては神の依代として寺社にありましたが、最近は見なくなりました。熟したバナナに似た強い香りを放つため、英語ではバナナブッシュと呼ばれるようです。

    2019/04/20 20:45:07  拍手(0)