富士見市役所

住所 鶴馬(大字)1800−1

この場所をGoogleで検索

概要

富士見市役所のららぽーと側の道路沿いに2つの説明板があります。
①「平和の鐘」と並び植えられている「青桐(アオギリ)」・・・広島の原爆で爆風により幹の半分がえぐられましたが、翌春に芽吹き、人々に生きる希望をあたえました。「広島の原爆よりよみがえった木」といわれ、その種から育てられた木です。富士見市は昭和62年(1987)7月に「非核平和宣言都市」。
②棗(ナツメ)の木・・・鶴瀬駅開設1周年を記念して駅前に植えられました。当時流行していた唱歌「水師営の会見」にある「棗の木」によるものといわれ、駅の整備事業で伐採がきまりましたが、市民の保存を願う声により、市役所前に移植されました。

口コミ

  • 0 D_%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%A1%E3%81%AE%E5%AE%9F.JPG

    路傍の草木<棗(ナツメ)の実が熟してます>

     散策人は子供の頃ナツメの実を食べて遊んでいました。ナツメの実を見ると、甘みと酸味のある味を思い出してしまいます。今ではナツメの木を見る機会も少ないので、路傍の草木として口コミしました。
     何故ここにあるか? 由来板に説明があります。
     ナツメはクロウメモドキ科の落葉高木で、その名前は夏に入って芽が出ること(夏芽)に由来するようです。そして花言葉は「健康の果実」とも言われ、中国や韓国では古くから栽培され、生薬としても用いられているようです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 D_%E9%9D%92%E6%A1%90%E3%81%A8%E5%9B%9B%E5%8D%81%E9%9B%80JPG.JPG

    「平和の鐘と青桐」と「四十雀」

     青桐の開花時には、「平和の鐘あるいは青桐」に止まって、「ピース・ピース」と鳴いている四十雀を期待してしまう。 写真(7/3撮影)を加工して「平和の願い」を歌ってもらいました。
     昨年の七夕の日に、国連本部で「核兵器禁止条約」が採択されたことを思い出しての口コミです。
     ※ネクタイをした礼儀正しい四十雀ですが、動きが早く素人では良い写真が撮れなく、インターネットの無料写真を使用しています。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 D_%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E3%81%8A%E6%95%A3%E6%AD%A9%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97.JPG

    「富士見お散歩マップ 東大久保・南畑編」が発行されている!

     4/21(土)大宮から来たという元気なおじさんに木染橋付近で尋ねられた。阿蘇神社に行くのに、この新河岸川を登れば良いか?と片手に「富士見お散歩マップ(東大久保・南畑編)」もっている。中味を見せてもらうと良くできている。表紙もやさしくていい感じだ。どこで入手したの?と逆に聞くと、難波田城で貰ったそうだ。
     別れた後、近くの水子貝塚公園に行って、マップをゲットする。良く見ると当アプリの「ふじみ☆ラボ」の発行だ。散策人としては大いに助かる。
     ※入手したマップの表紙をスキャンした。マップは8枚折りとなっていて、折った状態のサイズは約18cm(縦)*約13cm(横)の手軽な散歩サイズ。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 C_%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80_%E7%92%B0.JPG

    この彫刻を見たことありますよネ

     市役所の玄関に向って右側に設置されています。広報 昭和57年(1982) 9/10号(No257)に記事がありました。35年前です。
     高さ2m30cm、重さ3トンの石の彫刻「環」(わ)
    寄贈者は当時鶴瀬東にお住まいで、高校教師であった伊藤正人さん。
    この彫刻は、3ヶ月かけて制作、昨年(昭和56年)9月の「一陽会展」に入賞した作品。
     「富士見市に住んで20年になりますが、その間、いろんな市民の方のお世話になりました。なんとか、そのお礼と市制10周年記念の祝福をかねて市に贈らせていただきました」
    と書かれていました。

    「わ」は細長いものを曲げて丸くしたものの総称ですが、
    「たまき」と読むと古代の腕飾りの意味になったり
    「かん」と読むと輪の形で、縄文時代の環状集落などの言葉などがあります。
    富士見市の縄文時代の生活が意識の中にあったのではないかと、勝手に想像してしまいました(本人に確認していません)。

     ※寄贈者のプロフィールをインターネット検索すると、今も活躍されており、いろいろな賞も受賞されている著名な方。彫刻も、この富士見市を最初(?)に、いろいろな所に設置されている。今年の夏の甲子園で優勝した「花咲徳栄高校」にも設置されているようだ。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 B_%E6%A2%85%E6%81%8B%E8%8A%B1%EF%BC%BF%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80.JPG

    「梅恋花」 (富士見市ブランドの新商品)をゲット

     11月3日から富士見市のブランド梅酒が「梅恋花」として発売されました。「仲の良い恋人や、夫婦水いらずで飲むのに最適なお酒だと思い考えた」との思いのネーミングだそうです。
     富士見市のブランド商品ができることは大歓迎です。ゲットしての口コミです。

    !美味しかったです!

     写真は、「ネーミングの思い」と「選考理由」から合成して作成したものです。背景は「縄文海進」の代表的なスポット地である水子貝塚公園の「アカシデ」の紅葉です。こちらもキレイです。
     12月には「縄文海進」も発売されると思うので、楽しみです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 A_%E9%9D%92%E6%A1%90.JPG

    「平和の鐘」と「青桐」

     国連本部で七夕の日に、核兵器禁止条約が成立した。国際社会にとって歴史的な採択である。
     8月になると広島、長崎の原爆忌に世界平和を祈念する式典が行われる。
     富士見市も「非核平和都市」を宣言している。
     非核平和を期待する散策人としては、その記念の口コミにと、市役所の「平和の鐘」に行く。「青桐」には花は見られなかったが「葉漏れ日」の写真を撮る。
     ※「青桐」は、「原爆」のイメージになってしまった(?)ようだが万葉の時代は、「梧桐(ゴトウ)」の名であり、その材は琴などに用いられていたようだ。大伴旅人が歌を詠んでいる。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 _%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E5%B8%82%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG

    富士見市マンホールのカラー・デザイン

     1/14(土)新聞に「集めて楽しマンホール(カード化で人気沸騰)」とあった。新聞ソースは、「下水道広報プラットホーム」(GKP) 
    http://www.gk-p.jp/
    H28.4第一弾スタートし、現在、41都道府県・109自治体の120種類の発行とのこと。
     早速、「鶴瀬駅~ららぽーと」のストリートを歩いた。そのカラー・デザインのマンホール写真。「藤の花」(市の花)のカラーデザインで、白藤など、いろいろなバリエーションがあると、インターネットで情報提供されている。 また、「ふわっぴー」マンホールは市役所のホームページで2種類紹介されている。
    http://www.city.fujimi.saitama.jp/35miru/35photo/2015-0408-1458-126.html
     ★未確認・・・GKP発行カードに富士見市マンホールデザインは「ありや、なしや」

    続きを表示する
    ラベル
  • 3 2016092011130045.jpg

    雨ですね〜 つきいちやってます

    新米、梨を販売中です!
    市役所臨時直売所 おなじみのつきいちの日です

    続きを表示する
    ラベル
  • 3 2016071909383152.jpg

    つきいち本日10時からです

    つきいちってご存知ですか?
    「つきいち」は、市役所本庁舎1階のロビーで開催される『臨時農産物直売所(市場)』です。地元で採れた農産物を地元の皆さんに食べていただく、「地産地消」への取り組みとして毎月1回(⇒つきいち)第3火曜日に実施しています。

    続きを表示する
    ラベル
  • 3 2016062110355017.jpg

    つきいちやってます

    梅雨空ですが、水不足の少し足しになればいいと思います
    本日は第3火曜日市役所でおなじみの新鮮野菜の販売つきいち開催中でした。新鮮野菜で健康管理

    続きを表示する
    ラベル