榛名神社の口コミ

  • 0 F_%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6.JPG

    イチョウは2億年も存続している奇跡的な植物だそうです

     イチョウは榛名神社のご神木、みずほ銀杏通り、鶴瀬小のイチョウ並木など、いろいろな場所で見かけます。イチョウの本を読んでいたら「2億年ものあいだ存続している」とのこと。改めてイチョウを観察したら、手を合わせてしまいました。
     2億年というと、あの恐竜が出現・繁栄、そして絶滅の時代を生き延びたことになります。現在のイチョウは、世界中で見られ、自然繁殖ではなく基本的にヒトが植えたものだそうです。
     種子は珍味となり、植物油や薬として使われ、特徴のある葉と長寿を誇るこの木は、仏教、道教、儒教において象徴的な存在となり、日本古来の神道とも結びつき、崇められる存在になったことが大きかったようです。
     1億5000万年前より古い時代に起源をもつ動植物のほとんどが絶滅していることを思えば、イチョウが2億年ものあいだ基本的に変わらないまま存続したのは奇跡としかいいようがないとのことです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%A3_%E6%A6%9B%E5%90%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE_%E7%AF%80%E5%88%86%E7%A5%AD.JPG

    節分祭

     富士見市の神社で節分祭が行われているのはどこか? と調べたら、諏訪神社と榛名神社だった。
     諏訪神社の節分祭はホームページなどで開示されているが、榛名神社の様子は全く知らなかったので、今回参拝した。
     市の代表者(市長・議長・県会議員・国会議員)も祈願され、全体的に、氏子さんを中心とした良き伝統的な節分祭に感じた。その模様の口コミです。
     ※節分祭・・・季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うために、古くから豆まきの行事が執り行われている。一年の無病息災を願うという意味合いがある。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 _%E6%A6%9B%E5%90%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE_%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6.JPG

    富士見市の記念物(天然記念物)のイチョウの説明板の内容を写す

    市指定記念物
    イチョウ
    昭和58年6月20日指定

     イチョウは、植物学的に古い起源をもち、裸子植物の代表として日本全国に分布しています。高さ30mにも達するものがあり、古い木になると「チチ」といわれる根が下がっているものもあります。
     この榛名神社のイチョウは、市内やその周辺でも最大級のものです。

      樹   高  約20m
      樹   径  1.5m
      推定樹齢  400年

    富士見市教育委員会

    *******************************************
    2017.12.2 撮影のイチョウ

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 _%E6%A6%9B%E5%90%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%94%B1%E7%B7%92.JPG

    榛名神社由緒を読み写す。

    榛名神社由緒
    勝瀬総鎮守
    御祭神  埴山姫命(土・植物を司る神)
           豊受姫命(食物を司る神)
    年中祭事 1月1日  元旦祭
           2月3日  節分祭
           2月20日 祈年祭(豊作・諸事繁栄祈願祭)
           3月初午日 稲荷社祭(初午)
           4月10日 例大祭(神楽・囃子・植木市・露店)
           5月1日  塞祭
           5月10日 苗木市
           7月28日 夏越大祓式(茅の輪くぐり)
           11月適宜日 七五三
           11月20日 新嘗祭(新穀・諸事感謝祭)
           12月冬至日 冬至星祭
           12月28日 釜しめ 頒布
    由緒   詳細創立年代は不明。本社再建が文明9暦丁酉年(室町中期 西暦1477年)4月10日武州入東郡勝瀬村大願主林光防武州吉見領小泉村大工加藤杢之助と棟札に明記されている。川越城主松平大和守の崇敬あり毎年御供米一斗五升宛下附せられた。明治5年村社に列した(明治39年4月神饌弊帛料供進指定)

    伝説   当社の創建に関する地元の言伝え「お船山伝説」あり。一説は、昔この辺が海だった頃、榛名大神がお供のお二人方をお連れになり、船に乗られ遠くからここに来られました。船は無事に岸辺(現在の榛名神社の南端にあたる海岸線)に到着し、めざす陸地に上がることができました。岸辺に繫いでおいた船はいつか岸から離れ、海上を漂い、「お船山(神社南方約100mにある地)」に沈みました。ちなみにお連れは船頭の鷺森大権現様と大弁財天女様です。
          もう一説は、一行の船がお船山で沈み困ったが、神社南端の岸辺からのびていた大きな藤の木の蔦を伝って神様達が陸に上がりこの地に鎮座されたという説もあります。ちなみに神仏習合時代の榛名様を「日本藤島榛名満行大権現」と言った。

    境内および境外地   約2570坪
    摂末社
    稲荷神社   祭神 宇迦御魂命 例祭旧暦2月初午。天明3年(西暦1783年)建立と伝わる。明治40年6月5日字稲荷窪の稲荷社、稲荷前の稲荷社、屋敷廻りの稲荷社を合祀。その後複数の稲荷社を統合、合祀。
    厳島神社   祭神 市杵島姫命 創立年月不詳 享和壬戌年4月当村塩野源右衛門再営の棟札がある。船山弁財天と称したが明治7年5月、社名を改め当字谷田、お船山より遷座。明治41年6月17日、お船山より石碑をこの隣地に移転。
    富士神社   祭神 木花開耶姫命 明治41年年6月13日当字茶立久保、オトウカ山より移転。
    藤塚神社   祭神 稚産霊命 創立年月不明。寛政6年(西暦1794年)3月吉田願主塩野半平再建すとある。
    大穴天神社  祭神 大己貴命 創立年月不明。昭和27年5月社殿改築。
    疱瘡神社   祭神 大禍津日命 安永年間(西日本を虫害が襲った享保の大飢饉、東北地方等の冷害を発端とする天明の大飢饉の時代)村内にて建立したと伝えている。

    信仰
    万物育成 諸々増殖 大地守護 五穀豊穣 食物守護 厠守護。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 A_%E6%A6%9B%E5%90%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE_%E4%B8%8B%E3%81%8C%E3%82%8A%E8%97%A4_.JPG

    榛名神社の神紋は「さがり藤」

     藤の花をデザイン化した「藤紋」は、インターネットで検索すると・・・
    藤は長寿で繁殖力が強く、めでたい植物として、その「藤の花」をデザイン化したのもの。中臣鎌足が大和に藤原の里を下賜されてから、のちのちまで栄えた藤原氏にあやかって、多く使用するようになったという。
     市内の神社・寺院で「藤紋」が見られるのは、散策人が知り得ているのは、榛名神社と性蓮寺。だからといって藤原氏と関係があったと言っているわけではありません。調べても、聞いてもいません。
     市の花「ふじ」をホームページでみると・・・
    優雅さと気品をそなえており、ひとつひとつの花が集まって咲く様子が、人と人との語り合いや団結を感じさせ、富士見市民がひとつひとつの花のように思われます。
    と書いてある。
     「ひとつの対象物」を、いろいろな観点で、良い点を見出していることが、面白い。

    続きを表示する
    ラベル