一寸太助ているつもり さんのホーム

最新口コミ

  • 富士見市の指定有形文化財・考古資料の説明版の内容を写す / 護国寺

    有形文化財 板碑       昭和50年11月1日、昭和58年6月20日指定  板碑は、鎌倉時代の中頃から戦国時代にかけて造立された中世の供養塔です。長瀞付近で産出する緑泥片岩(りょくでいへんがん)で造られたものがほとんどを占めます。上部に阿弥陀仏を意味する梵字(ぼんじ)(種子)等を刻み、その下に造立した年月日や造立者、目的等が記されています。  護国寺境内の板碑3基のうち、2基はほぼ完全で高さが3m近くあります。この2基は種子の他は摩滅して年号等が不明ですが、もう1基には「建長4年11月8日 黒州比丘尼」と記されています。建長4年は鎌倉時代中頃(1252年)にあたり、慈光院跡の板碑とともに市内最古のものです。いずれも細身で、種子の上に額があり一段厚く張り出すという共通点を持ち、新河岸川流域の初期板碑の特徴的な一群として注目されています。      富士見市教育委員会 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ *撮影時、本堂が建設中でした! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    2018/07/05 16:47:46  拍手(0)

  • 富士見市の指定有形文化財・考古資料の説明版の内容を写す / 慈光院跡の大型板碑

    市指定 有形文化財 板碑(いたび)           昭和58年6月20日指定  板碑は、鎌倉時代の中頃(13世紀の前半)に武蔵を中心に発生し、戦国時代まで造立された供養塔婆(くようとうば)です。秩父の長瀞や小川町でとれる緑泥片岩(りょくでいへんがん)を用いていることから青石塔婆(あおいしとうば)とも呼ばれます。  この慈光院跡(じこういんあと)の板碑は、阿弥陀仏を表わす梵字((ぼんじ)種子(しゅじ))の下に建長4年6月1日と刻まれており、鎌倉時代中頃(1252年)に造立されたことを物語っています。  富士見市内には、400基以上の板碑が確認されていますが、この板碑は護国寺境内の板碑とともに、板碑発生期の特徴をもつ市内最古のものです。           富士見市教育委員会

    2018/06/21 18:19:35  拍手(0)

  • 針ヶ谷氷川神社に隣接する「針ヶ谷中央公園」の記念碑の内容を写す / 針ヶ谷氷川神社

    碑文   この地は、武蔵野台地を流れる棚瀬川の左岸、標高約20mの台地上に立地する。富士見市が海であった縄文時代には貝塚、また、弥生時代には谷の湧き水をめぐるように大きな集落が形成され稲作も行われいた。原始・古代より人々が生活していた針ヶ谷地区は近世には畑作を中心とした村としてこれまで営まれてきた。  本市最初の区画整理事業であるみずほ台土地区画整理事業地区の一部であったが時期尚早などの意見により、この針ヶ谷地区を外した事業として決定した。しかし、地元の地権者による、健全な街づくりへの熱意は日増しに高まり区画整理事業の気運が熟し、説明会、関係機関との協議を重ねるとともに準備委員会を経て、昭和53年11月14日に埼玉県知事の認可を得、「針ヶ谷特定土地区画整理組合」が誕生した。  施行面積42・5ha、総事業費60億3千7百万円の巨費を投じ、都市計画道路、区画道路、公園、上下水道等を整備し、地区内に小学校を誘致するとともに、安全で快適な環境つくりのため、「地区計画」を導入して、良好かつうるおいのある居住環境に努め、昭和61年6月には、建設大臣賞を受賞した。  設立から16年有余の歳月にわたる難事業を一致協力し、平成7年1月に換地処分をするとともに、事業の目的である公共施設の整備改善と宅地の利用増進を達成した。組合員の絶大なる協力と相互信頼及び国、県、市当局並びに関係各位の多大な協力と適切な指導、援助のもとに事業の終結をみることができたことに対し、深く感謝する次第である。本事業が市の将来の発展に希望を託し、ここに竣功記念碑を建立し永く後世に伝えるものである。      平成7年3月吉日      富士見市針ヶ谷特定土地区画整理組合 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ *針ヶ谷中央公園はスポット地に登録されていなかったので、隣接地での口コミです* ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    2018/06/07 13:04:47  拍手(0)

  • 「お船山の由来」の説明板の内容を写す / お舟山

    「お船山(ふねやま)」の由来  このお船山には次のような言い伝えがあります。  一説には、その昔この辺が海辺だった時に、榛名様(はるなさま)がお供のお二方(ふたかた)をお連れになって、船に乗られて遠くからこの地に来られました。船は無事に岸辺(現在の榛名神社の南端にあたる海岸線)に到着し、めざす陸地に上がることができました。岸辺に繫(つな)いでおいた船はいつしか岸から離れ、海上を漂(ただよ)い、ここに沈みました。  ちなみにお連れの神様は船頭(せんどう)をなされた鷺森大権現(さぎもりだいごんげん)様と大弁才天女(だいべんざいてんにょ)様のお二方です(現在、鷺森様は駒林、鷺森小学校西方に鎮座(ちんざ)されています。弁天(べんてん)様は明治始めまでここに鎮座されていましたが、今は榛名神社境内(けいだい)に祀(まつ)られています)。  またもう一説には一行(いっこう)の船がお船山で沈み困ったが、北方の陸地からのびていた大きな藤の木の蔓(つる)を伝って神様達が陸に上がり鎮座されたという説もあります。  南に貝塚山(かいづかやま)を拝(おが)む、地元の伝承(でんしょう)の地です。  このように、ここは昔、神様のお船が沈んだ場所と伝えられ、この地を「お船山」と言います。            平成22年11月吉日                  榛名神社氏子会

    2018/05/24 15:28:39  拍手(0)

  • 富士見市の指定有形文化財・建造物の説明版の内容を写す / 大澤家長屋門

    有形文化財(建造物) 大澤家住宅・表門(長屋門)            平成5年7月7日指定  大澤家は、伝承によれば天正18年(1590)に当地に土着し、代々大久保村の名主をつとめた家柄であり、長屋門形式の表門はその象徴ともいえる建物です。  規模は、桁行10.5間、梁間2間で、壁の上部を白漆喰、下部を板張としています。屋根は、寄棟造りで、昭和10年頃の改築の際に瓦葺きにしましたが、かつては草葺きでした。門の内部は板床の「上長屋」と土間の「下長屋」に分かれています。  柱には、慶応2年(1866)の武州一揆の際に付けられたとされる刃物傷が残り、建築年代の古さを知ることができます。  平成19年(2007)の修理では、土台の修正、屋根瓦の葺替えのほか、正面の壁を柱の痕跡などをもとに改築以前の姿に復元しました。  大澤家の屋敷構えは、主屋(市指定・難波田城公園に移築)を中心に、正面に表門、東に穀蔵(市指定)が配され、かつては土蔵・味噌蔵・文庫蔵・養蚕小屋・灰小屋・離れ座敷なども建てられていました。            富士見市教育委員会 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ *個人宅ですので長屋門の中には入れませんので、ご注意ください* ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    2018/05/10 20:18:12  拍手(0)