「あなたのふじみ☆スポット」教えてくださいの口コミ

  • 0 k_%E7%94%B0%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%97%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AE.JPG

    秋日和、田園の愉快な光景

     散歩していたら、イネの収穫も終り、翌年の作付けを効果的にするために、秋起こし(秋鍬込み)が行われていました。
     田起こししている耕運機の周りには沢山のシラサギが集まっています。田起こしが終わると、また別の耕運機の動きを察知して、飛来し、そのまわりでシラサギの舞が始まります。面白い光景です。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 k_%E8%8D%92%E5%B7%9D%E5%9C%9F%E6%89%8B%E3%81%A7%E9%81%A0%E6%9C%9B%E3%81%99%E3%82%8B.JPG

    荒川土手で、スカイツリーと富士山を遠望する

     猛暑、オリンピック終わったら梅雨時末期状態が続く、しかもコロナは感染最多!最多!最多!。今日も暑かったが気分を晴らしたく、久しぶりに散歩する。夕方、荒川土手に向かう。
     ところがビックリ、富士山もスカイツリーも見える。夏に見えるのは珍しいので投稿する。
    (上)ゴルフ場の舟の渡しの向こうに羽倉橋、さらに遠くにスカイツリー。このアングルは好き場所のひとつ。
    (下)富士山が雲の上に見える。左の山は大室山

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 k_%E6%97%A9%E3%81%8F%E3%82%82%E7%A8%B2%E7%A9%82%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%A6%E3%82%8B.JPG

    南畑田園風景

     コロナ感染拡大とオリンピック開催の話題の中、急に猛暑になり、いつもの散歩が出来なかった。久しぶりに散策してビックリ。いつの間にか稲穂が出て、空には夏の青空と雲が浮かんでいた。生命力と着実な時間の流れを感じる。この季節はトンボ、蝶なども忙しい。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 k_%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB.JPG

    セイタカシギとアマガエル・・・、まだまだ自然環境に出逢える

     二毛作で、まだ水田となっている場所があります。タイミングがあうと思わぬ出逢いがあります。セイタカシギに初めて逢いました。竹馬を履いた足長で、ピンク色のきわめて長い足を持ち、くちばしも細長い、きゃしゃな感じの鳥です。円内のようにフィギャアスケートのドーナッツ・スピンのような姿も見せてくれました。
     下は、アジサイ・ロードの一角にニッコウキスゲ?が植えられています。そこは雨上がりにはアマガエルが沢山いる特別な場所だ、とカメラの好きな方に教えてもらいました。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%AB%E9%9B%86%E3%81%86%E9%B3%A5%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%AE.JPG

    このような田園風景が見られます

     二毛作の麦畑が、今度は水田となり、そこに鳥たちが集まってきます。散策しながら、このような田園風景を見ることができます。一服の清涼感があります。下はこの時期にしか見られない「アマサギ」です。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E3%83%8F%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%81%A8.JPG

    ハグロトンボとオタマジャクシと・・・、まだまだある自然環境

     ハグロトンボを見る季節にもなりました。蝶のように翅を閉じる、そして開閉するトンボって珍しいでしょ。観察すると面白いです。
     また、田んぼでは、オタマジャクシも泳いでいます。
     ちょっとした環境で昔ながらの生物にあうことができます。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E9%BA%A6%E7%A7%8B%E3%81%A8%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%A8%E9%B3%A5%E3%81%A8.JPG

    麦穂と水田と鳥と・・・、すばらしい田園風景

     今の時期を「麦秋」と呼ぶ。麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏のころの季節ではあるが、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられたそうだ。
     写真のように麦穂と水田が並存している、稀なる風景だ。そこに鳥などがいると更に風情がある。珍しく、「ゴイサギ」(四角内)にも出逢った。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E8%A6%8B%E5%B8%82%E3%81%AE%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%83%93%E3%83%AB.JPG

    富士見市は100m級の高層ビルのある、埼玉県では数少ない市です

     建築物の高さを建築物本体(アンテナ、鉄塔、煙突などを除いた高さ)で順位をつけると、埼玉県の高層ビルは、第1位は川口市のエルザタワー55(185.8m)。アイムふじみ野タワー・ウエストコートは110.17mで第11位、イーストコートは99.37mで第35位となっていました。 最高部は111.97mでイーストコートがウエストコートより高いですが、何を基準にしているかの問題ですネ
     さいたま市側から富士見市方面を見ると、高層ビルをしっかり見ることができます。
     埼玉県のトップ10の分布を見ると、川口市(3)、さいたま市(6)、所沢市(1)でした。高層ビル90m以上の高層ビルは50件もありましたが、限られた市に分布しています。
     写真は富士見ガーデンビーチから見た、アイムふじみ野タワー(右がイースト、左がウェスト)。左にお舟山が見えます。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%81%A8%E9%9B%89%E3%81%AE%E6%B1%82%E6%84%9B%E8%A1%8C%E5%8B%95.JPG

    この時期、鳥の観察が面白い

     前回に続いての鳥の投稿。
     今日(5/21)の散歩で、オオヨシキリを初めてカメラに撮った。また、雉の求愛行動も初めて見た。
     (上)「ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ」と、うるさいほどの鳴き声はするが、いつも姿が見えない。その姿を初めてカメラで撮った。
     「行々子(ギョギョシ)口から先に生まれたか」 ・・・小林一茶
     (下)オスはメスの先へ回り、体を大きく膨らませて尾羽を広げて見せる。メスがすり抜けて、またオスが追う。これを何度も繰り返す。見てる方も疲れたので観察終了。その結果はいかに・・・

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%AA_%E3%83%A0%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%AD_%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%AA.JPG

    渡り鳥に逢えるチャンスが水田にあるかも・・・

     私はバード・ウォッチャーではないが、散歩の途中で見た鳥はカメラに撮る。初めて見る鳥は名前を知りたくてインターネット検索をする。それが散歩の楽しみの一つでもある。 昨日(5/14)は新しい出逢いのあった日だったので、嬉しくて投稿した。
     (上)ムナグロ(胸黒)は、チドリ目チドリ科の鳥。アジア大陸の極北部(シベリア最北部)で繁殖し、赤道付近の海岸などで越冬し、日本には春と秋の渡りの季節に立ち寄る長距離旅行者だそうだ。名前の由来は夏羽の胸・腹の色が由来らしい。
     (下)コチドリ(小千鳥)は、チドリ目チドリ科の鳥で、日本のチドリ類では最小の種だそうだ。ユーラシア大陸に広く分布していて、日本には夏鳥として渡来し、九州から北海道で繁殖するとのこと。 
     ※インターネットによると4月~6月にかけては、シギ・チドリ類の春の渡りのシーズンだそうです。特に水田などに飛来する鳥に出会えるチャンスがあるかもしれません。

    続きを表示する
    ラベル