最新口コミ

  • 0 D_%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%A1%E3%81%AE%E5%AE%9F.JPG

    富士見市役所

    路傍の草木<棗(ナツメ)の実が熟してます>

     散策人は子供の頃ナツメの実を食べて遊んでいました。ナツメの実を見ると、甘みと酸味のある味を思い出してしまいます。今ではナツメの木を見る機会も少ないので、路傍の草木として口コミしました。
     何故ここにあるか? 由来板に説明があります。
     ナツメはクロウメモドキ科の落葉高木で、その名前は夏に入って芽が出ること(夏芽)に由来するようです。そして花言葉は「健康の果実」とも言われ、中国や韓国では古くから栽培され、生薬としても用いられているようです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 D_%E6%98%9F%E7%A9%BA%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC.JPG

    水子貝塚公園・資料館

    お祭りは、いつも子供は楽し、大人も楽し

     星空シアターは9/1(土)が順延となり、9/2(日)に開催された。当日もお昼すぎまで雨が降り、3時から9時までのお祭りタイムは奇跡的ともいえる雨はなし。
     そのような気候環境にもメゲズ、子供たちは楽しそう。それを見ている親御さんも楽しそう。そのような画像を口コミます。
    (上)火起し体験の様子。煙を出すのに必死
    (下)竪穴住居の「お父さん」と「犬」も祭りに参加。子供たち縄文人と触れ合う。
    (右四角)二木蒼生(にきあおい)16歳、縄文服で歌う・・・富士見市出身、ソロデビューと看板にある。活躍を期待します。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 DFAFA176-BB12-42DF-9240-09EE4F55E547.jpeg

    3552食堂

    カボチャのモンブラン

    ヴィーガン仕様のカボチャのモンブランができました。白砂糖・卵・乳製品不使用です。テイクアウトもできますので是非ご来店ください。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 A_%E5%8B%9D%E7%80%AC%E5%8E%9F%E5%85%AC%E5%9C%92.JPG

    勝瀬原記念公園

    竣功記念碑文の内容を写す



     あの広大な畑地が、今はビル群の林立する近代的な街へと様変わりしました。このふじみ野の地に景観に配慮したグレードの高い街並みが形成され一万余の人々が生活しています。
     当事業は、昭和52年の市による開発に係る説明会を期に、勝瀬原開発研究会及び同区画整理組合設立準備会を経て昭和61年2月に当組合を設立、事業開始から今日まで4半世紀に及ぶ長い道のりでしたが無事竣功を迎えることができました。
     ここに、地権者の皆様の深いご理解とご協力、そして歴代役員を始め多くの関係者の皆様方のこれまでのご尽力に改めて感謝いたしますと共に、この街で育まれた絆を大切にし、ここに住む方々の幸せ、そしてふじみ野の街の発展を心から願い竣功記念碑を建立します。
        平成23年4月吉日
           富士見市勝瀬原特定土地区画整理組合
                          理事長 梶 兼三
    事業概要
    事業名 富士見都市計画事業勝瀬原特定土地区画整理事業
    施行者 富士見市勝瀬原特定土地区画整理組合
    施行面積 約72.56ha
    総事業費 146億7千万円
    施行期間 昭和60年度から平成22年度
    平均減歩率 30.46%(公共減歩24.45%保留地減歩6.01%)
    当初権利者数 391人
    当初建物戸数 50戸
    換地処分時権利者数 4093人

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 D_%E6%B5%B7%E7%B4%85%E8%B1%86.JPG

    富士見ガーデンビーチ

    路傍の草木<海紅豆(かいこうず)、通常はアメリカディゴと呼ばれる>

     海紅豆は、如何にも南国の花で、鮮やかな赤が目立ちます。夏休みのガーデンビーチにふさわしい花木が植わっています。受付の前で咲いています。水泳の前あるいは後には、チョット赤い花に目を向けて下さい。富士見市にはここにしかないと思います。
     実は6月中旬に満開だったので、ガーデンビーチの開園時には花はないと思っていました。が、先日散歩していたら咲いていてビックリ。調べると海紅豆の花期は6~9月のようです。
     ※ついで情報・・・デイゴ(梯梧)と海紅豆(アメリカデイゴ)は別種で、デイゴは沖縄県の県花、アメリカデイゴは鹿児島県の県花となっています。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 A_%E6%B0%B4%E5%AD%90%E8%B2%9D%E5%A1%9A%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9D%BF.JPG

    水子貝塚公園・資料館

    説明板の内容を写す

    水子(みずこ)貝塚

     富士見市は貝塚の多い街で、現在、14ヶ所の遺跡から貝塚が発見されている。中でも水子貝塚は最大級のもので、直径約150mの環状の範囲に60ヶ所を越える小貝塚が分布している。
     市内に残された貝塚はすべて縄文(じょうもん)時代早期後半から前期前半(約7千~5千年前)に形成されたものである。この頃は、氷河時代後の温暖な時代で、全世界的な傾向として、海が内陸深くまで進入していた。埼玉県西部では荒川低地に沿って上尾市付近まで海岸線が湾入しており、市域東半部の低地帯は水没した上に江川や柳瀬(やなせ)川の谷が入江となっていた。海岸に形成された干潟や浅い入江は、貝をはじめとする海産動物の絶好の繁殖地であり、この食資源を求めて人々が集まり、集落を形作った。
     当時の人々は、地面を掘り込んだ半地下式の竪穴住居に住んでいたが、人が住まなくなった住居の跡は、適当に窪んだ、格好のゴミ捨て場として利用されたため、そのような住居跡のうち貝殻を捨てたものが、現代において貝塚と呼ばれている。土器や石器はどのような遺跡でも出てくるが、シカやイノシシなどの獣の骨、コイやタイやスズキ等の魚の骨などは普通の遺跡では長い年月の間に分解してしまうが、貝塚遺跡の場合には貝殻の成分の働きにより、骨が分解せずに残されているため、貝塚は当時の人々がどのような動物を食べていたかを知る貴重な情報源である。また、住居跡に貝塚が残されているため、貝塚の分布をたどることで中央に広場を囲んだ集落の姿を復元することができる。
     水子貝塚は、縄文時代前期を代表する大規模な貝塚集落遺跡として戦前から知られ、その良好な保存状態から、昭和44年に国史跡として指定された。
      平成5年3月
          埼玉県
          富士見市

    続きを表示する
    ラベル
  • 5 2018072315384868.jpg

    有限会社 幸仁産業

    毎月23日は富士見の日!

    7月23日の今日は来店されたお客様にオリジナルうちわと塩飴をプレゼントさせていただいております。

    続きを表示する
    ラベル
  • 4 2018072117211744.jpg

    ららぽーと富士見

    にぎわい夕暮れフェスタこれから本番

    夕暮れに向かって来ました
    盛況です。
    まだまだパフォーマンスが続きます。

    続きを表示する
    ラベル
  • 3 2018072020063456.jpg

    ららぽーと富士見

    明日ですにぎわい夕暮れフェスタ

    富士見市商店会連合会の賑わいづくり実行委員会では
    地元商店とららぽーと富士見とのコラボしてイベントを開催します。
    ぜひぜひららぽへ!行きましょう!

    続きを表示する
    ラベル
  • 5

    三日月

    ココシルでクーポン使えます!

    三日月さんはココシルのクーポンに参加しているようで、アプリの画面を持って行ったら半熟玉子天をサービスしていただきました!!

    続きを表示する
    ラベル