最新口コミ

  • 0 _%E6%A0%97%E8%B0%B7%E6%B4%A5%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E.JPG

    栗谷津公園

    説明板と「倶利伽羅不動明王」由来碑の内容を写す

    ◆栗谷津公園 (くりやつ)

     この公園は、針ヶ谷(はりがや)特定区間整理事業によって公園用地として確保され、昭和60年度に整備されたものである。自然な景観の公園にするため、区画整理前の傾斜や自然木(杉)をそのまま残している。特にこの杉林の中の谷間は、沢の水源地となり、湧水が枯れることなく流れている。地元の人々は「不動様の流れ」と呼び、公園内にはこの不動様(倶利伽羅不動明王)の石塔のわきから出ている湧水を利用した池がある。昔の人たちは不動様の流れを飲み水として利用した時もあり、下流の水田はこの泉と他の2ヶ所からの湧水で田作りをしていた。そのため流れを荒らされないようにと願うところから、次のような伝説が生まれた。
      「ある時、一人の若者がこの小川からドジョウをたくさん捕らえ、家で鍋に入れて食べようとした。しばらくして煮えたと思い、ふたを取ったところ、中にはドジョウはなく、ただ血が煮え返っていた。その後、この小川のドジョウを取るものはいなかった。」と伝えられる。
    平成5年3月 埼玉県富士見市

    ◆倶利伽羅不動明王(くりからふどうみょうおう) 由来

     この池の水源は、年中枯れることなく流れ、栗谷ッ不動様の流れと云われ 湧水の所には「倶利伽羅不動明王」の石塔が立っている。
     この泉は、昔近隣農家の飲水、或は生活用水として欠かすことの出来ない水源であり、又、下流の水田数町歩に渡る田作り用水として利用されておりました。
     不動明王の石塔は、利剣に龍が四ツ足をからませて巻きつき、剣先をのまんとするもので背後には火焔が燃え上がった状態が表現され不動明王の象徴である。
     これは昔、不動明王が外道と論争した時 智火剣に変身し、或は更に倶利伽羅大龍に変身し敵を威圧して屈伏せしめた。また、龍王に祈れば雨を降らせ病気を治す、このような教理を祈願し、日願主、各組世話人(石塔に陰刻)の6人により嘉永元戌申年六月、この石塔が建造された。
     由緒あるこの地を、永遠に保存する意を以って針ヶ谷特定土地区画整理業の一環として用地を確保し、栗谷津公園と命名しここに築造する
    昭和61年1月 針ヶ谷特定土地区画整理組合
    由来碑寄贈 日願主 高野七五郎 末裔 高野章子

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%A3_%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E9%9B%85.JPG

    山崎公園

    桜・プリンセス雅(みやび)が開花していました

     ソメイヨシノの開花宣言(東京)を受けて、プリンセス雅(山崎公園に2本ある)の開花状況を見に山崎公園に出かけました。カンヒザクラ(寒緋桜)がベースとなっている桜ですので見頃を迎えつつありました。
     プリンセス雅は、さいたま市で発見された桜で「皇太子殿下・雅子様」の御成婚を記念し雅子様の「 雅 」を頂いたそうです。花は平開せず下垂する美しい花で、散策人が好きな桜の一つです。
     他に「熱海寒桜」・「啓翁(けいおう)桜」・「寒緋桜」・「オカメ桜」などの、寒桜系(?)が咲きつつあり、各々は1~2本程度ですが、いろいろな種類の桜を見ることが出来ます。桜木には名札がついています。チャンスを逃さないで! 

    続きを表示する
    ラベル
  • 0

    斉藤米穀本店

    あのね😆

    富士見市で出来た!富士見市民の為のplusα!富士見市産のお米!(♥´¬`♥)ジュルリ おっ!米 m(_ _)m

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%A3_%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E_%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%83%93%E3%83%AB%E7%BE%A4%E3%81%A8%E7%AD%91%E6%B3%A2%E5%B1%B1.JPG

    南畑排水樋管あたりの荒川土手

    富士見市の荒川土手パノラマ(7) 大宮ビル群と筑波山

     「荒川土手から見える山々は11月から3月末頃までの間、晴れた日には良く眺望することができます」と書いてきましたが、3月になるとそのチャンスが少なくなりました。
     これからは平地の方角のパノラマとなり山は無いですが、超高層建築物が多く建っています。特に100m以上の建築物にスポットを当て口コミします。
     今回は大宮のビル群です。パノラマ起点からは大宮駅方面はほぼ北東。近景には荒川土手向うの大久保浄水場の各種の施設があり、その延長線上の遠景が大宮ビル群。
    ・大宮ソニックシティ 31階 137m(埼玉県で5番目の高層建築物)
    ・グランドミッドタワーズ大宮(2棟とも) 30階 109.5m
     <<<このビルの左側に筑波山が見えます。>>>
    ・S4-TOWER 32階 105m
    ・パークシティ大宮 33階 107m

    ※富士見市は埼玉県大久保浄水場から約80%受水しているそうです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 _%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E6%A8%8B%E7%AE%A1%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9D%BF.JPG

    山形樋管

    富士見市の指定有形文化財・建造物の説明版の内容を写す

    山形樋管 (やまがたひかん)

     この煉瓦(れんが)製の樋門は、明治37年(1904)に氷川排水に新河岸川からの逆流を防ぐために造られたものです。
     通水口の断面形は箱状、扉は引き上げ式の構造となっています。新河岸川に面した表面のみが残っています。煉瓦の積み方は、長面の段と短面の段を交互に積むイギリス積みと呼ばれるものですが、上端部は短面を縦に一段積み、意匠性を出しています。
     煉瓦製の樋門は、明治時代中頃~大正時代にかけて埼玉県内に数多く造られた、県を代表する近代化遺産です。富士見市内にも荒川と新河岸川沿いに7基以上造られましたが、現在は2基が残るだけとなっています。
          富士見市・富士見市教育委員会

    *************************
    ※2基・・・山形樋管、水越門樋
    ※樋門は全国各地に見受けられますが、木造や石造が多く、煉瓦造りの樋門が数多く建造された埼玉県は全国的に見て特異です。
    ※煉瓦の積み方はいろいろですが、代表的な積み方のイメージ図(インターネットより)

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 C_%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AE%E6%B2%B3%E6%B4%A5%E6%A1%9C%E3%81%A8%E6%A2%85.JPG

    山崎公園

    今が旬! 河津桜と紅梅・白梅

     今日は二十四節気の「啓蟄」。散策人も陽気に誘われて河津桜と梅が咲いていそうな場所をいろいろと散策する。
     やはり山崎公園が一番だ。河津桜と梅が同時に楽しめる。両方とも今が旬だ。
     写真は富士見江川土手から、近景が河津桜、遠景が紅梅・白梅。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 2018030522472658.jpg

    リングジャパン 西みずほ台店

    なるほどー♪な使い方!

    昼間は黄色で目立つ色!夕方にはタイガーの両目が光り☆ます!お出かけも楽しくて安心安全(o^^o)♪

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%A3_%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E__%E6%AD%A6%E5%B0%8A%E5%B1%B1_%E9%AB%98%E5%8E%9F%E5%B1%B1.JPG

    南畑排水樋管あたりの荒川土手

    富士見市の荒川土手パノラマ(6) 武尊(ほたか)山から高原山までの遠景

     荒川土手から見える山々は11月から3月末頃までの間、晴れた日には良く眺望することができます。
     今回は群馬県の武尊(ほたか)山の右から、栃木県の山々を遠望します。袈裟丸山、皇海山(すかいさん)は群馬県との県境をまたがる山です。男体山がほぼ北方向です。
     日光三山(男体山、女峰山、太郎山)の太郎山は男体山に隠れています。
     高原山は火山群の総称ですが栃木県北部で、高さ1795mですので、眺望の良いときでないと見る事ができません。この高原山の剣ヶ峰が原産の黒曜石が旧跡時代・縄文時代に関東地方で広く利用されていました。
     ※日光連山はパノラマ起点から100~110km前後の距離、高原山は約120kmの距離です。上尾駅前の高層ビル(78m、99m)も小さく見えます。
    ※イチゴの名前の「女峰」は女峰山、「スカイベリー」は皇海山から付けられているようです。

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 2018022707030821.jpg

    御菓子処 梅の家

    富士見市特産 うめざけ『梅恋花』の梅が入った和菓子

    「梅」・「酒」が、優しく香る和菓子ですね😋

    続きを表示する
    ラベル
  • 0 %EF%BC%A3_%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E__%E6%B5%85%E9%96%93%E5%B1%B1_%E6%AD%A6%E5%B0%8A%E5%B1%B1.JPG

    南畑排水樋管あたりの荒川土手

    富士見市の荒川土手パノラマ(5) 浅間山から武尊(ほたか)山までの遠景

     荒川土手から見える山々は11月から3月末頃までの間、晴れた日には良く眺望することができます。
     今回は浅間山から武尊山までの群馬の山々を遠望します。方向は北西から北北西です。パノラマ起点を南畑排水機場からやや荒川下流の右岸土手にしているため、排水機場の建物に遮られていますが、上流に移動すれば山々を見ることができます。
     しかしながら群馬県の上毛三山(妙義山、榛名山、赤城山)の妙義山(浅間山と同じ方向)は、残念ながら手前の山々で隠れています。
     武尊山(群馬県のみなかみ町に位置)は、穂高岳(北アルプス)と区別するため、上州武尊山とも呼ばれています。
     ※榛名山・赤城山はパノラマ起点から90km前後の距離、富士山もほぼ同じ距離。武尊山と浅間山が約110kmの距離ですので、山の大きさは小さく見えます。

    続きを表示する
    ラベル